振袖をレンタルする際に口コミでチェックすべきこと

振袖をレンタルする際に気を付けなければならない事は色々とありますが、料金やプラン内容は各ホームページ等で確認する事ができます。
しかし、具体的なサービス内容などを知りたい時は実際に利用した方の口コミや感想をチェックする事で知る事ができます。

現在数多くの業者が振袖レンタルの宅配サービスを行なっていまして人気がありますが、実際に利用するまでどういった流れか分からない事が多々あります。
口コミをチェックする事によって予約から返却までの流れを知る事ができるので安心して利用する事ができますし、本当に振袖を選べるのか、そのまま返却して良いのかといった具体的な悩みや疑問の解決の糸口となります。
参照:成人式の振袖レンタル・袴レンタル
また口コミでも分からない事がある場合は各振袖レンタルの業者に直接問い合わせるのも良いかもしれません。
しかし振袖レンタルの口コミをチェックする事によって、利用者にしか分からない雰囲気やサービスの内容もありますので確認しておく事は大事です。
特に成人式等で振袖レンタルを利用する場合は一生に一度の事になりますので心配がない形で利用したいですから最善の業者を探すためにも口コミをしっかりと見て納得した形で振袖レンタルを利用しましょう。

結婚式用にレンタルした振袖のマナー

最近は結婚式にドレスで参加するのが一般的ですが、やはり着物で参加すると場も華やぎます。
かといって、結婚式に参加するためだけに着物を作るのも大変、ということで最近結婚式用の着物のレンタルが人気です。
結婚式に着物をレンタルする場合、意外と知られていないかもしれないマナーを紹介します。
まず、結婚式に着る着物といったら、「振袖」「訪問着」「黒留袖」の3種類で、これ以外の着物は格が低くなるので失礼にあたります。もし未婚女性であれば、このうち振袖が、和装での礼装になります。
ただ振袖といっても実は袖の長さによって3種類に分かれていて、最も袖が長く、格の高いのが大振袖で、成人式で着用するのもこれなのですが、もし和装の結婚式だった場合、花嫁の衣装が大振袖になるので、事前に新婦に和装にするかどうか確認した方がよいでしょう。最も袖が短い小振袖は、一番カジュアルな印象を受けるので、すごく若い人、または、着物のまま二次回以降に参加するのであれば適しています。
さて、レンタルのお着物には、安いものから高いものまで様々です。
中には、1万円前後でレンタルできるものもありますが、実際に見てみるとぺらぺらで安っぽい着物になってしまうこともあるので、レンタル着物の相場の平均である3万円前後のものを選ぶとよいでしょう。

レンタルした振袖の着付けに掛かる時間

振袖は、帯を変わり結びにするなど一般の着物よりも着付けに時間がかかることになるので、着付けの予約を入れる際には余裕を持った時間に設定する必要があります。
着付けは、レンタル着物店でそのままやってもらえることもあり、この場合には予約の時間になったらすぐにスタートできるように小物類を順番に並べてセッティングされていることも多いものです。しかし、他からレンタルしたものをそこに持ち込んで着付けをしてもらうとなれば、荷物をバッグから取り出すことからスタートとなるので、忘れ物がないかどうかのチェックから始まることになります。
一般的には、振袖の着付けは15分から30分ほどで済ませることができますが、それは準備がされた状態から始めた時間であり、スタッフの人の腕や人数にもよります。成人式に振袖の着付けをしてもらうとなれば、集中してその日に多くの人が同じような時間帯で訪れることになるので、一人につき一人のスタッフということもあります。二人のスタッフがついてくれれば、後ろで帯を押さえていたり次に必要なものを手渡ししてもらえるなど効率的に着付けをしてもらえるので、さらに時間を短縮して仕上げてもらうことができます。

レンタルできる振袖にはどのくらいの種類が存在するのか調べました

着物にはたくさんの種類がありますが、その中の一つに振袖があります。着物も洋服と同じように年齢に合わせたものを着用する必要があり、振袖では結婚をしていない未婚女性のための着物となります。また、未婚であってもある程度の年齢になると着用しても違和感が出てしまうものであり、一般的には30歳程度が境目とされています。

振袖には、赤やピンクなどの明るい色味から黒や紺などの落ち着いた色味まであり、華やかな柄には花や蝶、鳥などが描かれています。振袖の種類では、これ以外にも袖の長さによって分別して呼ばれることも多いものです。

大振袖では、袖下の長さが114㎝ほどの長いものであり、第一礼装として見ごたえのあるスタイルに仕上げることができます。袖下の長さが100㎝前後の中振袖は、レンタルでも多く利用されている長さです。

身長が低い人になれば、袖が長すぎると地面に袖下がついてしまいそうになり、バランス的にも身長が低いことを強調してしまうことになりますが、100㎝程度であれば見ごたえがありつつ多くの人がバランスよく着こなすことができるサイズです。小振袖では、袖下の長さが85㎝程度と短めなので、初めての人でもうまく着こなすことができます。

振袖のレンタルを行う業者で働く為には?

振袖のレンタルを行う業者で働くためには、まず着物を知ることです。
今、普段の生活の中で着物を着ている人を見かけることはほとんどなくなりました。
特に振袖となると成人式か、お見合いの時など、特別な式典の時しか見なくなりました。そしてそれは独身の時にしか着ることができません。
そのことを考えると振袖はほとんどの方が今はレンタルをします。着物自体、その後の手入れや保存の仕方を考えると、レンタルが楽だからです。ましてや振袖になると着る頻度が極端に減ります。
昔のように成人式だからと購入はしません。時代に合わせた着物を着たがる年頃の子は家に振袖があってもレンタルをします。
時代を知り、着物を知ると振袖のレンタルを行う業者で働くのは、難しいことではありません。むしろ楽しいのではないでしょうか。着物をレンタルすることは多くても、その中でも振袖のレンタルとなると選びにくる女性の年代も若い方が多く、ファッションに敏感な人が多いに違いありません。
そういうことを考える時に、一緒に今の流行りなども考慮しながら選びます。そこで働くことは、今の時代にあった勉強をすることにもつながり、着物もこの時代にあったファッションと捉えながら働くことになるのです。

振袖をレンタルする際の平均的な価格相場について

振袖を用意するのは一仕事です。着物一式に草履やカバンなどの小物に加えて、ファーなどの小物を購入するとなると多額のお金が必要になってきます。洋服文化が浸透した現代社会においては、着物を着る機会そのものが減っていますので、成人式や卒業式などの限られたイベントの時にしか着用する機会がありません。人生の間で何度もきない振袖は購入するのではなく、レンタルすることが今では一般的です。

着物の値段はとても幅が広いものですが、振袖のレンタルに関しても同じくとても幅があります。高級な振袖をレンタルしようとすると100万円近いレンタル料がかかります。卒業式や成人式などのイベント時に着るにはあまりにも高級な振袖を選ぶよりは、平均的な価格相場では15万円~20万円程の振袖一式を借りられる方が多いと言われます。振袖を着用する機会は限られていますので、レンタルをする場合は早めに予約することが大切になってきます。

成人式は年に1度しかありませんし、卒業式も同じ日に開催されることが多いので、平均的な価格の着物からレンタルされることを考えると、見た目があまりよくない着物や、レンタル料金がとても高い着物が残ってしまう傾向にありますので、早めに行動するようにしましょう。